採用情報

社員インタビュー

アートディレクター

個性と強みを活かし、
チームとして新しいステージへ

現在の仕事内容を教えてください

ゲーム事業部のチーフデザイナー、新規ゲームタイトルのアートディレクターを担当しています。

事業部のチーフデザイナーとしては、主にデザイナー育成を行っており、担当外プロジェクトのデザイナーとも情報共有を行う場や、勉強会の組成、また人員管理を担当しています。

新規ゲームタイトルのアートディレクターとしては、デザインリソースの管理やデザイナーの人員管理、ゲーム内デザインのディレクションを担当しています。

入社を決めた理由を教えてください

面接を受けた際、ちょうどゲーム事業を更に盛り上げていこうとしてる段階で、新しいことが出来るのではないか、という点と、社内の風通しの良さに魅力を感じました。

風通しの良さは、誰が意見を言ったではなく、何を言ったかを大切にしてくれていることを入社後に改めて感じました。立場に関係なく一人一人の意見を尊重してくれるため、会社の成長と自身の成長が直結しやすい環境だと感じています。

成長を感じたエピソードを教えてください

前職までとは違い、ゲーム内のアート全体の意思決定やディレクション、監修を行っている中で、急速ながらも着実に視野が広がっていることが実感できています。

それにより、ある一部のデザインデータが「ゲームの見え方」や「遊び」を通してどの様に映るか。といった全体を俯瞰して見る癖もつき、ゲームの品質に対して真剣に向き合えていると感じています。

今後の目標を教えてください

デザイナーチームの強化と、新しいことに挑戦していきたいです。

どんなプロジェクトでもそれぞれのデザイナーが力を発揮し、個々のデザイナーの強みや、やっていきたいことを活かせるチームにしていくことと、抽象的ではありますが、今まで自分が経験してきたことのない分野においても知識や経験を身に着けて、さくらソフトで活かしていくことが目標です。