採用情報

お仕事紹介

企画
開発 デザイン
運営

企画

誰もがプランナーになれるチャンスがある

企画風景ゲーム開発のスタートは、もちろん 企画することから始まります。企画は必ずしもプランナー職の社員だけが行うとは限りません。 さくらソフトでは、多くのユーザーに受け入れられる面白い企画を考えて、他の社員も「面白い」と納得させることができれば、プログラマーでもデザイナーでも職種にとらわれず、誰もが「ゲームプランナー」になることができます。 考案された企画は、ヒットタイトルを支えている各ゲームのプロデューサーやディレクターが厳しい目で内容をチェックし、そのゲームを開発するか、しないかを決定します。

「本質的な面白さ」を追求する企画へのこだわり

企画をするうえで、表面的な「はやり」、「すたり」にとらわれず、人間の本質にフォーカスした企画立案を行うことを大切にしています。

例えば、「今、カードゲームが人気だから似たものを作ろう」、とか、「30代の男性に人気のある著作物を使ったゲームを作ろう」、といった表面的な発想ではなく、「価値あるものを集めたい」、「人に勝ちたい」、「誰かと仲良くなりたい」といった人間の本質的な欲求によりそったゲーム作りを意識しています。

PDCA

この考え方は、国内でのゲーム開発にとどまらず、海外展開するうえでも、国や言語を超えた「普遍的な面白さ」を重視したゲームシステムを考え、そのうえで、各地域あったカルチャライズをしていく手法を採用しています。

企画
開発 デザイン
運営